バイク用品はネットで揃える
楽天市場 で探す




北海道ツーリングは夏でも防寒着が必要
楽天市場 で探す



2014年版 北海道ツーリングパーフェクトガイド (Gakken Mook)

新品価格
¥1,058から
(2014/7/6 23:04時点)

楽天市場で探す



ツーリングマップル 北海道 2014 (ツーリングマップ・地図|昭文社/マップル)

新品価格
¥1,728から
(2014/7/6 23:19時点)

楽天市場で探す


本文へスキップ

ライダーの聖地「北海道ツーリング」を夢見るライダーへ贈る旅情報サイト

       累計     本日     昨日      
   

はじめての北海道vacy policy


 北海道に初めて訪れる方は、まずこのページをご覧になり、イメージを膨らませてください! 以下のQ&A以外にご質問がある方は、お気軽にBBS(掲示板)からお問い合わせください。可能な限りご回答いたします。

1.北海道ツーリングはいくらぐらいかかるの?

  •  北海道まで渡る方法(フェリー、陸送、空輸etc)と、滞在日数などによって変わります。北海道まで渡る方法を安く済ませるならばフェリーですが、その場合の旅費(概算)は「ツーリング費用★お得情報★」をご参考にしてください。

2.北海道までどうやって行くの?

  •  一番オーソドックスな方法はやはりフェリーです。その他にバイクを陸送する、ANAや旅行会社のツアーに参加する(空輸)などの方法もあります。詳しくは北海道までの道のり」のページをご覧ください。
     なお、各フェリー会社のHPは「リンク集」に掲載しています。

3.北海道のどこを周れば良いの? おすすめはどこなの?

  •  北海道には、観光する名所、走って気持ちの良い道路及びご当地グルメがたくさんあります。私が今までのツーリング経験をもとに作り上げた「おすすめルートプラン」をご覧になって、あなた好みのプランをチョイスしてください。「おすすめルートプラン」は無料ダウンロード(エクセルファイル)できるので、カスタムも自由自在にできます。

4.ガイドはいるの? ガイド付のツアーはあるの?

  •  基本的にはありません。北海道のバイク屋さんでツーリングを企画しているところもありますが、ほとんどが日帰りツーリングです。ご自身で旅程をつくって走ることを基本に考えましょう。また、北海道のバイクチームやSNSで知り合った方にコンタクトをとって、ツーリングに合流するのも「いいね!」

5.旅の前に何を準備すれば良いの?

  •  主な準備として、@旅程(ルートプラン)を立てる、A持ち物を揃える、Bバイクを整備する、Cバイクの任意保険やロードサービスを確認する、D旅費を貯めるなどです。
     持ち物は「旅の装備品」のページから、またロードサービスは「ロードサービス選びのポイント」からチェックしてください。

6.参考になるHPは?

  •  私が参考にしているHPを「リンク集」に載せていますので、ご覧ください。

7.旅の手配をお願いできるところはあるの?

  •  基本的にはありません。フェリーの予約、ホテルの予約などはご自身で行いましょう。また、旅程(ルートプラン)もご自身で立たてなければなりませんが、忙しくてどうしても時間がない方は、「おすすめルートプラン」のページからご自身にあったルートを見つけて、それをカスタマイズすると手間が省けるかもしれません。エクセルシートもあり無料ダウンロードできます。

8.北海道を周るには何日くらい休みをとれば良いの?

  •  北海道バイクツーリングは最短で日帰りも可能です(行き帰りはエアで、バイクはレンタル)。どこを走りたいかによりますが、初心者は体力的なことを考えて、北海道内に3泊程度から始めると良いでしょう。北海道一周するなら、最低7日程度は欲しいところです。学生のように時間に余裕がある方なら、ノープランで寝袋ひとつで思いのままに走るのも良いでしょう。

9.何をべれば良いの?

  •  海の幸(カニ、うに、イクラ、鮭、ホッケ、イカ、ホタテ、サンマ、シシャモ、シマエビ、牡蠣、寿司)、野菜(じゃがいも、アスパラ、玉ねぎ、ピュアホワイト)、畜産物(ハム、ベーコン、チーズ、バター)、ご当地グルメ、夕張メロン、ワイン、らーめん、スプカレーetcetc・・
     私の食べてきた北海道のご当地グルメの中で、また食べたいと思ったものを「北海道ご当地グルメ なまらうまっ!」に掲載していますので、ご参考にしてください。

10.快適な時期はいつなの?

  •  バイクで走って気持ちが良いのは、6月中旬から9月上旬までです。その期間内でも朝晩は冷えるので、防寒着は常備すると良いでしょう。(私は真夏でも防寒着(MA1)を常備しています。)
     それ以外の時期は、路面さえ凍らなければ走ることはできますが、かなり冷えますので温泉巡りのプランで旅行計画を作ることをお勧めします。

11.一日に何キロ走れるの?

  •  太陽の出ている時間帯に走ることを前提に、平均すると300キロ前後でしょう。ただし、季節によってかなり変動しますので、以下をご参考にしてください。また、ご自身の技量と体力を十分にご理解のうえ、余裕のある旅程をつくることをお勧めします。観光メインのプランではもう少し距離も短くなると思います。
     参考までに、私の過去最高走行距離は1日600キロです。(若かったなぁー)

    【走行距離の目安】
      3月、 4月  〜  200キロ
      5月、 6月  〜  300キロ
      7月、 8月  〜  400キロ
      9月、10月  〜  300キロ
     11月、12月  〜  150キロ

12.おすすめのルートプランはあるの?

  •  当サイトにあります!「おすすめルートプラン」のページをご覧ください!エクセルファイルもあり、無料ダウンロードできますので、ご自身のオリジナルプランにカスタムして使ってください!

13.北海道はがたくさん飛んでいるって本当?

  •  自然が多いから、都会よりは飛んでいると思いますが、それ程気になりません。数年に一度、マイマイ蛾やカメムシが大量発生することもありますが、夜に走らなければ大丈夫です。また、キャンプを予定していてご心配な方は、キャンプ場に事前にお問い合わせすると良いでしょう。

14.時速80キロで走っていても追い抜かれるって本当?

  •  本当です。田舎になれば特にそうで、一般道で車に追い抜かれます。北海道はゆっくり走っても気持ち良いので、急がずに無理のないスピードで走りましょう!(・・・そうは言っても、私はついつい出してしまいますが・・・)

15.何人でツーリングするのが良いの?

  •  仲間は多い方が楽しいけれど、多すぎると、はぐれないようにまとまって走るのが大変です。私はよく飛ばす方だから、スピードと走り方(追い抜きのタイミングなど)の合う仲間6台で走ったときが、ストレスもなく楽しく走れました。
     また、「走り」以外のことで言えば、フェリーや宿の予約、キャンプ場での食材の買出し、夜の宴会、急な予定変更など、このくらいの人数が機動的でベターかもしれません。もちろんソロも楽しいので私は一人旅も良くします。自分と向き合いながらのソロ旅は、旅の醍醐味ですね。

16.キャンプ場にヒグマが出るというのは本当?

  •  本当です。札幌市にも出ます。ただヒグマに会える人は余程ラッキーな人かもしれません!ちなみに私は会ったことがありません。

17.どんな服装で走れば良いの?

  •  北海道は寒いイメージがありますが、盛夏は30℃を超えますのでそれなりに暑くなります。ただ盛夏でも、朝晩の冷え込み、林間道路(日陰)、風の強い日の海沿いなどは寒さを感じるでしょう。また、夏以外の季節はやはり防寒着が必須です。

    季節ごとの服装】(私の場合)
    3月  〜4月   → ダウンジャケットの上にMA1を着る。ズボンの下にモモヒキ。
    5月  〜6月上旬 → 長袖シャツにMA1。天気が良い日は長袖シャツのみ。
    6月下旬〜9月上旬 → ポロシャツorタンクトップ。早朝・夕方は長袖を着る。
    9月下旬〜10月  → 長袖シャツ。気温が低い日はその上にMA1を着る。
    11月 〜12月  → ダウンジャケットの上にMA1を着る。ズボンの下にモモヒキ。

    ※私はキャンプが多いので、MA1はハイシーズンでも常備しています。(とても重宝します。)

18.カッパは必要?

  •  当然必要です。私のバイク仲間には、「雨が降ったら服が濡れるから逆に脱ぐ!」という人もいますがそんな人は特別です。私はホームセンターで売っている3千円程度のもの常備しています。
     また、長靴が意外と重宝するので、ここ数年愛用しています。何と言っても完全防水なので脱いだとき濡れてないのがGood。グローブは「毛糸の手袋+ゴム手」を着用しています。防水に優れていて操作しやすいのが利点です。雨のときは格好・見た目よりも機能性を最重要視しています。

19.絶対に必要な持ち物などはあるの?

  •  北海道だけに限定した持ち物はありません。ツーリングで必要な持ち物については、「旅の装備品」のページをご参考にしてください。また、旅を楽しむために私が必ず持っていく物として、デジカメ&三脚と、デジタルオーディオプレーヤーがあります。旅が数倍楽しくなります。

20.ロードサービスは必要?

  •  北海道を走るならばロードサービスは必須です。私は任意保険に付帯しているロードサービスを利用しています。北海道のツーリングで役立つロードサービスは、レッカー搬送(無料)の距離が100キロ以上あるか、また二次搬送サービスがあるか等です。詳しくは「ロードサービス選びのポイント」のページでご確認ください。

21.北海道のおすすめの温泉は?

  •  然別峡野営場の奥にある無料の露天風呂「鹿の湯」です。私が今まで入ってきた温泉の中で一番記憶にあり、風呂のすぐそばを川が流れていて大自然を感じられるロケーションが最高の温泉でした。
     その他にも北海道には数多くの温泉があります。特に大自然の中の温泉が数多くあります。環境省の「平成22年版・環境統計集」によると、北海道は全国で温泉地数(宿泊施設のある場所)第1位、湧出量第2位、宿泊施設数第3位、源泉数第3位、温泉利用の公衆浴場数第3位と、軒並み上位に入っています。 

22.タンデム(2人乗り)ツーリングでも大丈夫?

  •  大丈夫です。ただし、ご自身の技量と体力に合わせて距離や日程を調整してください。長旅になるとドライバーもパッセンジャー(同乗者)も疲れなどから運転に影響がでることもあります。同乗者の命を預かって運転することになりますので、タンデムグッツを準備するなど安全運転で楽しんでください。「タンデムツーリング」のページもご参考にしてください。

その他のQ&A

  •  上記のQ&A以外に知りたい情報がある方は「BBS(掲示板)」からご連絡ください。可能な限りお答えいたします。