本文へスキップ

ライダーの聖地「北海道ツーリング」を夢見るライダーへ贈る旅情報サイト

       累計     本日     昨日      
   

ツーリング費用についてprivacy policy


 北海道ツーリングにかかる費用は、北海道まで渡る方法により大きく変わります。フェリー、陸送、空輸とあるうち、一番安い「フェリー」で見積もった場合のツーリング費用を試算しました。費用は滞在日数や宿泊をキャンプにするか、宿にするかによっても変わってきますので、以下の見積もりはご参考としてください。
 なお、試算の詳細や滞在日数を増やした場合については、「おすすめルートプラン」のページで確認できますのでご参考にしてください。

フェリーで行く場合のツーリング費用について 

  • 仙台港発着  6日間 1,100キロコース  約 71,000円 〜
  • 舞鶴港発着  6日間 1,300キロコース  約104,000円 〜
  • 秋田港発着  6日間 1,100キロコース  約 65,000円 〜
  • 新潟港発着  6日間 1,300キロコース  約 77,000円 〜
  • 大間港発着  7日間 1,200キロコース  約 57,000円 〜
  • 青森港発着  7日間 1,200キロコース  約 60,000円 〜
  • 大洗港発着  6日間 1,100キロコース  約 92,000円 〜
  • 敦賀港発着  6日間 1,100キロコース  約103,000円 〜
  • 八戸港発着  6日間 1,100キロコース  約 52,000円 〜
  • 名古屋港発着 8日間 1,100キロコース  約 93,000円 〜

  • ※上記以外にも、各港発着のルートプランがあります。詳しくは、「おすすめルートプラン」をご参照ください。 

☆ お得情報 ☆

  • フェリーは、乗船距離が短い方が安くなる!
     「大間−函館」間や「青森−函館」間の乗船料が安いのはご存知のとおり。本州最北端を目指して走るのも一つの方法です。

  • フェリー会社の割引制度を活用しよう!
     フェリー会社で実施している割引には、早割、往復割引、WEB割、学生割引、障害者割引、団体割引、JAF会員割引etcがあります。仙台−苫小牧間の太平洋フェリーは、最大で半額になる早割があります。各フェリー会社では様々な割引の他に、企画商品やキャンペーンを実施していますので、航路を決める前に、各フェリー会社のHP(→「リンク集」)をチェックしましょう!

  • 時期は、繁忙期をさける!
     フェリーの乗船料は、時期によって変動します。よって、お盆や連休などの繁忙期をさけましょう。ご自身の休日の関係で難しいようであれば、行きor帰りのどちらかだけでもズラせば、料金もグッと変わってきます。

  • ガソリンは、なるべく大きな町で給油しよう!
     小さな集落ではガソリンスタンドが1件しか無い場所があります。ガソリンが他と比べて高くなる傾向にあります。(私の過去最高記録は、道北の海岸線で入れたハイオクリッター200円でした・・・)また、土日祝や18時以降は営業していないスタンドもあるので、早めの給油を心がけましょう。

  • 無料キャンプ場でも十分満足できる!
     北海道には無料のキャンプ場で、ロケーションや施設において満足できる場所が多くあります。旅費をぐっと抑えるならばキャンプツーリングで行きたいところです。
     ただ、連日のテントは体力的にもツラいと思います。地域によっては宿泊宿(素泊まり)で2千円台というところもありますので、そういった情報を押さえておくと良いでしょう。
         
  • 日帰り温泉に入るなら、北海道情報誌HO[ほ]で、無料の温泉を探そう!
     クーポン付きの情報誌。結構使えて、元も取れます!
         
  • 高速道路は使わず、一般道を走ろう!
     基本的には一般道か無料高速道路で十分です。札幌の街中を移動するなら高速道路を利用する価値はありますが、それ以外の場所では高速道路に乗らなくても十分です。
          
  • 寿司を食べるなら、まず「回転寿司」から攻めろ!
     観光客相手の「寿司屋」より、地元の人で賑わう「回転寿司」が美味しくて安価です。海鮮を食べ慣れてる道民が通うのだから間違いないでしょう。ただし、その店が繁盛しているかどうかは見極めが必要です。(繁忙時間に多少並び列ができているくらいが良いでしょう。)

  • 道民向けの情報誌を1冊は買おう!
     道民相手なので当然内容が濃く、最新の情報が満載です。「北海道ウォーカー 」「じゃらん北海道 」などの旅情報誌は、見ているだけでも楽しく、クーポン付なのでとっても価値あり。