本文へスキップ

ライダーの聖地「北海道ツーリング」を夢見るライダーへ贈る旅情報サイト

       累計     本日     昨日      
   

フェリーの乗船方法privacy policy


 北海道に渡る一番ベーシックな方法は、フェリーでしょう。愛車とともに船に乗り込み、北海道を目指す。そんな船旅は、これから向かう北海道旅への気分を盛り上げてくれること間違いありません。フェリーで出会うバイク仲間とのちょっとした会話なんかも、振り返れば良い思い出となります。やや乗船時間が長いのですが、費用も安く一番おすすめの方法です。

1.フェリーの乗船料について

  •  北海道へ渡る方法で「フェリー」が一番安いといっても、旅費全額に占めるフェリー代の割合は以外と高いものです。よって、フェリーは上手に賢く使いましょう。 フェリーの乗船料は、航路、時期及びバイクの排気量によって、料金が変わってきます。
  • (1)航路
     簡単に言えば、乗船距離に応じて料金も変わります。だから、安く済まそうと思えば、距離の短い航路を選べば良いことになります。例えば、「大間−函館間」や「青森−函館間」は乗船距離が短いため料金も安くなります。ご自身の体力に自信があるなら、本州最北まで自走してそこから乗船する、という方法もあるでしょう。
     また、「フェリーを船上宿」と考えると、航路選びも変わってきます。距離は多少あっても、夜に乗船して朝に目的地に着く航路は、ビジネスホテルに一泊したと考えられますので経済的でしょう。例えば、「八戸−苫小牧間」、「仙台−苫小牧間」、「新潟−小樽間」、「名古屋−苫小牧間」などは、夜に乗船して、早朝や午前中に目的地に到着するので、宿代も含んでいると考えれば料金もお得に感じます。到着したその日も有効に使えるのでGood!
     なお、航路によっては、毎日運航していないフェリーもあるので、ご自身の旅程と合うか、フェリー会社のHPなどでご確認ください。
  • (2)時期
     フェリーの乗船料は、繁忙期のお盆時期や連休時期などは高くなります。安い時期と比べると2倍近く料金が変わる航路もあります。
     よって、航路が決まったらまずはそのフェリー会社のHPなどで料金を確認しましょう。たった1日、前後にズラすだけで料金が大きく変わったりしますので、必ずチェックしましょう。
     また、フェリー会社によっては、料金が半額になる早割りというものがあります。その他にも様々な割引制度がありますので、フェリー会社のHPで確認しましょう。
  • (3)バイクの排気量
     バイクの排気量によって料金は違い、大型バイクの方が小型バイクよりも料金が高くなります。また北海道では、長距離を走ることになるので燃費の良い小型バイクで旅をするのが、経済的といえるでしょう。
    ※費用面では上記のとおりですが、個人的には、大型バイクで風を切って広大な大地を駆け抜けるのが、北海道バイクツーリングの醍醐味だと思っています。


2.乗船時の注意点

  • (1)時間に余裕をもって行動する
     ほとんどの航路において、乗船開始時間は1時間前からとなっています。それまでには乗船手続きは終わらせましょう。特に、苫小牧東港は間違いやすく、苫小牧西港とかなり離れているので注意してください。また、フェリーでの飲食物「お酒」と「おつまみ」と「メインディッシュ」を事前に買っておくことを忘れないように(フェリーに売店がありますが、種類は多くありません。)。
  • (2)荷物を上手にまとめておく
     船が出港したら、到着するまでバイクを停めた場所に行けなくなります。ですから、忘れ物がないようにしましょう。荷物のパッキングも、事前に持ち込む荷物を最小限にまとめておくと良いでしょう。私の場合、宿泊道具と食べ物以外はすべてバイクに置いていきます。(革ジャン、チャップス、ヘルメットなど)
  • (3)乗船手続きでは車検証が必要
  • (4)船酔対策をする
     車酔いならば車から降りればよいですが、船の場合そうはいきません。船酔いの経験がある人は分かるでしょうが、船酔いはなかなかに辛いものです。(酔うと横になっても具合悪く、寝るまでそれが永遠と続きます。)私は、船に乗ったらすぐに呑むことにしています。出航前から出来上がってしまえば、酒には酔っても船には酔わない。
  • (5)繁忙期は二等(大部屋雑魚寝)を避ける
     繁忙期は二等寝台以上のクラスにしましょう。自分のスペースが確保されているので快適に過ごせます。以前、GWの激混み時期に乗ったフェリーで大変な思いをしました。足を伸ばして寝ることができず、まるで難民船のようでした。隣には知らないおばさんの顔やおじさんの足があり、人の熱気で熱く、誰かのイビキで眠れませんでした。廊下に毛布を敷いて寝れた人は良い方で、この時ばかりはお金を払ってでも寝台以上のクラスにしたいと痛感しました。(もちろん空いてはいませんでしたが。)
     もしも、仲間と旅をしてるなら一等個室タイプを占領するのもGood!
     宴会ができるので楽しい思い出のひとときに!